東戸塚たいらく矯正歯科TOPへ
横浜市戸塚区東戸塚にある育成更成医療機関指定クリニックのたいらく矯正歯科です。子供から成人まで、見えない裏側からの矯正なら当クリニックへ。

矯正治療法の種類について

年齢に応じて異なる矯正治療の方法
矯正治療の方法は部分的矯正治療(第一期矯正治療)と本格的矯正治療(第二期矯正治療)の大きく2つに分かれます。 また、本格的矯正治療では装置が気になる方のための、舌側矯正治療(裏側からの装置の見えない矯正)もあります。
裏側の見えない矯正治療についてはこちら


部分的矯正治療(第一期矯正治療)

対象は小学校低学年までのほとんどの乳歯が残っている人の治療です。 顎の成長発育促進、悪習癖の除去、永久歯に交換した前歯を整えることが大きな治療目標となります。 早期に治療を開始することで、「本格矯正(第2期矯正治療)」の期間を短く、また抜歯の必要性も低くなります。この時期は治療による痛みも少なく、効果的に歯を配列できます。取り外し式の簡単な装置が使えるので、お子様の負担も少なく済みます。

第一期矯正治療のメリット

最近のお子様は「顎が小さく、歯が大きい」という特徴のある人が目立ちます。学童期の成長発育が盛んな時期に第一期治療を始めると、下記のようなメリットがあります。
  • ・ 不足している歯の萌出スペースを確保しやすくなります。
  • ・ 叢生(歯ならびがガタガタしていること)の程度が軽減されやすくなります。
  • ・ 抜歯の可能性が低くなります。
  • ・ 顎の発育がコントロールしやすくなります。
  • ・ 噛み合わせや、顎の成長発育に悪い影響を及ぼす不適切な舌の癖が治しやすくなります。
  • ・ 第二期治療がしやすく、治療期間が短くなる可能性があります。





本格的矯正治療(第二期矯正治療)

対象は学童期以降〜大人。 すべて大人の歯(永久歯)に生え変わった人の治療方法です。 基本的に永久歯全てに装置を装着します。 *第一期矯正治療が終了した後、暫くして永久歯にすべて交換した人が行う仕上げの治療を第二期矯正治療といいます。第二期矯正治療は、本格的矯正治療と同じように、全ての永久歯に装置をつけます。