東戸塚 たいらく矯正歯科

矯正治療例

たいらく矯正歯科での矯正治療の実例をご紹介します。



治療例 No.21

2022/05/13

  • 主訴 叢生
  • 年齢・性別 9歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療:1年9ヶ月 ○経過観察期間:7ヶ月 ○2期治療:2年4ヶ月
  • 治療費 ○1期治療:46万円(税込金額/トータルフィーシステム/調整料なし)○2期治療:48万円(税込金額/トータルフィーシステム/ 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療:拡大装置にて上下顎を広げ、マルチブラケット装置にて治療を行った症例 ○2期治療:抜歯をせず、表側マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例
  • リスク ○装置や顎間ゴムの使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。○矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。○治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まる。

治療例 No.20

2022/04/08

  • 主訴 受け口、すきっ歯
  • 年齢・性別 19歳 女性
  • 治療期間 2年3ヶ月
  • 治療費 保険が適応される
  • 治療法 表側マルチブラケット装置を使用して歯並びを整えた後に大学病院で外科手術を行った症例。舌の癖があるため、矯正治療と並行して舌の癖を直す訓練(MFT)を行った。
  • リスク 装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある。MFTを継続的に行えない場合や、顎間ゴムの使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。

治療例 No.19

2022/03/14

  • 主訴 受け口、叢生
  • 年齢・性別 10歳 男児
  • 治療期間 ○1期治療:1年8ヶ月 ○経過観察期間:10ヶ月 ○2期治療:2年3ヶ月
  • 治療費 ○1期治療:46万円(税込金額/トータルフィーシステム/調整料なし)○2期治療:48万円(税込金額/トータルフィーシステム/調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療:拡大装置にて上下顎を拡大する。フェイシャルマスクを用いて上顎の成長促進、前方移動を行った ○2期治療:抜歯をせず、表側マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例
  • リスク ○装置や顎間ゴムの使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。○治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まる。

治療例 No.18

2022/02/05

  • 主訴 開咬
  • 年齢・性別 34歳 男性
  • 治療期間 1年5ヶ月
  • 治療費 99万円(税込金額 /トータルフィーシステム / 調整料なし)
  • 治療法 クワドヘリックスを使用して上顎の幅を広げ、抜歯をせず表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例。
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある。

治療例 No.17

2022/01/11

  • 主訴 噛み合わせが深い、叢生
  • 年齢・性別 53歳(初診時) 女性
  • 治療期間 2年5ヶ月
  • 治療費 99万円(税込金額 /トータルフィーシステム / 調整料なし)
  • 治療法 上顎2本の小臼歯を抜歯、表側マルチブラケット装置、歯科矯正用アンカースクリューにて治療を行った症例。
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある。

治療例 No.16

2018/05/15

  • 主訴 出っ⻭、前⻭でこぼこ
  • 年齢・性別 20歳 女性
  • 治療期間 2年3ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置、⻭科矯正用アンカースクリューにて治療を行った症例。
  • リスク 矯正治療には、装置に痛み、清掃不良によるう蝕•⻭肉炎、 ⻭の移動による⻭根吸収などのリスクがあるが、治療初期の痛み以外は認められなかった。

治療例 No.15

2018年04月17日

  • 主訴 受け口
  • 年齢・性別 37歳 男性
  • 治療期間 2年11ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 上下3本の親知らずを抜⻭、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例。
  • リスク 骨格性の反対咬合であるので治療期間が⻑くかかることもある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.14

2018/01/16

  • 主訴 出っ⻭、叢生
  • 年齢・性別 10歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年5ヶ月 ○経過観察期間→ 7ヶ月 ○2期治療→2年4ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→拡大装置にて上下顎を広げ、マルチブラケット装置にて治療を行った症例 ○2期治療→上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。 ⻭を動かすことにより⻭根吸収を起こすこともある。

治療例 No.13

2017/09/22

  • 主訴 受け口、叢生
  • 年齢・性別 19歳 女性
  • 治療期間 3年1ヶ月
  • 治療費 保険が適用される
  • 治療法 抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置を使用して⻭並びを整えた後に大学病院で外科手術を行った症例
  • リスク 顎間ゴムの使用状況によって治療が⻑引くことがある。装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある

治療例 No.12

2017/08/23

  • 主訴 受け口、叢生
  • 年齢・性別 8歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年6ヶ月 ○経過観察期間→ 1年4ヶ月 ○2期治療→2年3ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→フェイシャルマスクを用いて上顎の成⻑促進、前方移動を行う ○2期治療→抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置を使用して⻭並びを整えた症例
  • リスク 矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、装置の使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 清掃不良によるう蝕・⻭肉炎、⻭の移動による⻭根吸収などのリスクがあるが、治療初期の痛み以外は認められなかった。

治療例 No.11

2017年07月18日

  • 主訴 叢生
  • 年齢・性別 27歳 女性
  • 治療期間 2年3ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 清掃不良によるう蝕・⻭肉炎、⻭の移動による⻭根吸収などのリスクがあるが、治療初期の痛み以外は認められなかった。

治療例 No.10

2017/06/16

  • 主訴 出っ⻭
  • 年齢・性別 23歳 女性
  • 治療期間 2年1ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.9

2017年02月22日

  • 主訴 噛み合わせが深い、出っ⻭
  • 年齢・性別 29歳 男性
  • 治療期間 2年4ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 上顎小臼⻭2本抜⻭、表側マルチブラケット装置、⻭科矯正用アンカースクリューにて治療を行った症例
  • リスク ⻭根吸収や⻭肉退縮の可能性があり、顎間ゴムの使用状況によって治療が⻑引くことがある。

治療例 No.8

2016年09月29日

  • 主訴 叢生、出っ⻭
  • 年齢・性別 11歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年3ヶ月 ○経過観察期間→ 1年 ○2期治療→1年7ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→機能的矯正装置を使用し、後退している下顎を前方に成⻑誘導する ○2期治療→抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、装置の使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。

治療例 No.7

2016年09月20日

  • 主訴 叢生、口元が出ている
  • 年齢・性別 8歳 男児
  • 治療期間 ○1期治療→1年8ヶ月 ○経過観察期間→ 3年8ヶ月 ○2期治療→1年11ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→GMD装置にて奥⻭を後方へ送り、⻭を並べるためのスペースを確保する ○2期治療→抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.6

2016年08月31日

  • 主訴 下の前⻭が一本少なく、その分の隙間が気になる
  • 年齢・性別 21歳 女性
  • 治療期間 1年10ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある。

治療例 No.5

2016年08月17日

  • 主訴 受け口
  • 年齢・性別 7歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年7ヶ月 ○経過観察期間→ 4年10ヶ月 ○2期治療→2年
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→拡大装置にて上下顎を拡大する。フェイシャルマスクを用いて上顎の成⻑促進、前方移動を行う ○2期治療→抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例
  • リスク 矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、装置の使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.4

2016年07月29日

  • 主訴 叢生、正中がずれている
  • 年齢・性別 28歳 男性
  • 治療期間 1年10ヶ月
  • 治療費 99万8800円(税込金額 トータルフィーシステム 調整料なし)
  • 治療法 抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置にて治療を行った症例
  • リスク 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。 装置除去後に保定装置をきちんと使用しないと後戻りを起こす可能性がある。

治療例 No.3

2016年05月17日

  • 主訴 叢生、切端咬合
  • 年齢・性別 8歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年6ヶ月 ○経過観察期間→ 4年2ヶ月 ○2期治療→2年2ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→拡大装置にて上下顎を拡大し、マルチブラケット装置にて治療を行った症例 ○2期治療→上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例
  • リスク 矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、装置の使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.2

2016年04月27日

  • 主訴 前⻭が噛み合わない、叢生
  • 年齢・性別 7歳 女児
  • 治療期間 ○1期治療→1年4ヶ月 ○経過観察期間→4年11ヶ月 ○2期治療→1年10ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→舌の癖を直す訓練(MFT)を行い、拡大装置、マルチブラケット装置で治療を行った症例 ○2期治療→抜⻭をせず、表側マルチブラケット装置を使用して治療を行った症例
  • リスク MFTを継続的に行えない場合や、装置の使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。

治療例 No.1

2016年04月12日

  • 主訴 噛み合わせが深い、出っ⻭
  • 年齢・性別 9歳 男児
  • 治療期間 ○1期治療→1年6ヶ月 ○経過観察期間→5年2ヶ月 ○2期治療→2年1ヶ月
  • 治療費 ○1期治療→462000円(税込金額 調整料なし) ○2期治療→484000円(税込金額 調整料なし)
  • 治療法 ○1期治療→拡大装置、マルチブラケット装置、機能的矯正装置で治療を行った症例 ○2期治療→上下顎4本の小臼⻭を抜⻭、表側マルチブラケット装置、⻭科矯正用アンカースクリューを使用して治療を行った症例
  • リスク 装置や顎間ゴムの使用状況によって治療結果や治療期間に影響する。 矯正装置による痛み、不快感が伴うことがある。 治療中は、装置が付いているため⻭が磨きにくくなり、むし⻭や⻭周病のリスクが高まる。




電話をかける